CDプレス・DVDプレスのreplication.jp
良くある質問 エクスプレス価格表 DVD9プレス価格表 DVD5プレス価格表 CDプレスサービス価格表

CD・DVD制作用語集

 CD
 DVD
 CD・DVD
 レーベル印刷
 パッケージ・梱包
CD
CD-R
CD-ROM
CD-DA
CD-EXTRA
DVD
DVD5
DVD9
DVD-R
DLTテープ
CSS


 


CD

コンパクトディスク(Compact Disc)の略称で、デジタルデータを記録するメディアです。

 

CD-R

データを一度だけ書き込むことが出来るCDです。一度データを書き込むと、削除や追記をすることはできません。容量は通常のCDと同じで650MB・700MBです。
記録面にレーザー光を照射してデータを記録します。データの読み取りも通常のCDと同様ですので、音楽データを記録したCD-Rをパソコン以外のCDプレーヤー等で再生することも可能です。
CD-Rは音楽データの記録以外にも資料として配布したりデータのバックアップとして利用されます。

 

CD-ROM

Compact Disk Read Only Memoryの略称です。プログラムや画像ファイルなどのデジタルデータを記録し、一度書き込みを行うと書き換えや削除等を行うことはできない読み取り専用のメディアです。

 

CD-DA

コンパクトディスクデジタルオーディオ(Compact Disc Digital Audio)の略称で、一般的に音楽CDと呼ばれるものはこのCD-DAです。

 

CD-EXTRA

音楽データに加え、パソコン用のデータも記録できるCDです。
用途としては音楽データの他に映像や壁画などのパソコンで読み取ることが出来るデータを記録していることが多いです。

 

DVD

Digital Versatile Discの略称で、デジタルデータを記録するメディアです。見た目はCDと変わりありませんが、CDと比較すると約6倍の記録容量がありますので、CDには記録することができない大容量データ及び長時間・高画質の映像を記録することが出来ます。

 

DVD5

データの記録面が片面1層(4.7GB)の容量のDVDです。通常の画質で約2時間の映像を記録することができるDVDです。
DVD5プレスの詳しい価格等についてはこちらをご覧下さい。

 

DVD9

データの記録面が片面2層(8.54GB)の容量のDVDです、通常の画質で約3時間半の映像を記録することが可能です。2層式のDVD9には1層目から2層目への切り替わるブレイクポイントと呼ばれるポイントがあり、このポイントを正確な位置に配置しなければ、画面のフリーズや不自然な映像、または再生エラーとなってしまいます。
DVD9プレスにはマスターとして、DLT Tape2本(Layer0及びLayer1)又はプラントダイレクトDVD-R2枚を支給下さい。なお、弊社ではDVD+R DLに書き込んだコンテンツをDLT書き出ししてDVD9をプレスするサービスを提供しております。このサービスについてはこちらをご覧下さい。

DVD9でのプレスの詳しい価格等についてはこちらをご覧下さい。

 

DVD-R

Digital Versatile Disk Recordableの略称で、CD-R同様一度だけ書き込むことができ、一度書き込んだDVD-Rを書き換えたり削除をすることはできません。DVDプレイヤーでの再生も可能であるが、機器によっては再生できない場合もあります。

 

DLTテープ

デジタルリニアテープ(Digital Linear Tape)の略称で、磁気テープを使用した大容量記録装置の規格です。最大で70GBのデータを記録することが可能で、記憶容量や耐久性が高い記録メディアとしてデータのバックアップ等にもよく用いられます。

 

CSS

Content Scramble Systemの略称で、多くのDVDビデオで利用されている映像コンテンツを暗号化するシステムです。
弊社では入稿して頂いたDVDのコンテンツにデジタルコピーガードをセットするサービスをハリウッド映画のオーサリングを手がける企業に依頼して行っております。

 

Disc at Once(ライトワンス)

CD-RやDVD-Rの様に一度データの書き込みを行うと、その後は書き換えや消去が出来ない記録方式です。弊社にお送り頂くマスターデータはこのDisc at Once(ライトワンス)方式のデータです。

 

パケットライティング

通常のCD-Rはトラック単位になりますが、それより細かく分けて書き込むことができる方式です。パケットライティングで頂いたデータはマスターデータとして使用することが出来ませんので、ご注意下さい。

 

マスタリング

音楽CD制作上でのマスタリングとは音質や音量・再生時間のバランスを調整することです。
CDプレスのマスタリングは音楽CD制作のマスタリングとは意味が異なり、CDプレス用スタンパーという「型」を製作することです。この「型」に溶けたプラスティック樹脂を流し込み、レコード盤を作成するようにCDをプレス成形します。
弊社では音楽マスタリングは行っておりませんのでご注意下さい。

 

オーサリング

メディアに書き込まれるデータの配置・再生順等を決め、一つのタイトルとして作りこむことです。

 

スタンパー(スタンパー製作)

スタンパーとはCD及びDVDを複製プレスするために必要な成型用型です。

CDやDVDをプレスする場合、プレス工場では頂いたマスターのデータをコンピューターで吸い上げて御注文プレスのフォーマットに合致しているかどうか解析ソフトで解析します。
解析データが各々の注文フォーマット(例えば、CD-DAであったり、DVD5DVD-Videoであったり)に合致している判定が出た場合、自動的にスタンパー製作へ移行します。

もしデータ不良が発見された場合は「マスター不良」としてスタンパー製作が自動的にストップされます。
マスターCD-R又はDVD-R製作用メディアとしてバルク販売品を使用した場合は、不良が多いため特にこの問題が発生しやすく、マスターディスクの再提出が必要になります。弊社では必ず「1枚」づつパッケージに入って販売されている「A」グレードのメディアをマスター製作用に使用されるようお勧めしております。

スタンパー製作は本来「Glass Mastering」といい、ガラス基盤にレーザー光を照射してPitと呼ばれる穴を開け、それによって「0」「1」の信号を記録していきます。製作されたスタンパーを成型機にセットして溶けたプラスティック樹脂を流し込み、Pitをプレスによって複製していきます。(レコード盤の溝のようなものです) ちなみに、CDプレーヤーやDVDプレーヤーで再生作業をすると、各々のプレーヤーのピックアップから信号読み取り用レーザー光が出てPit(穴)にあたり「0」「1」の信号とし戻ってきた信号を音声又は映像信号として再生します。

スタンパーを使用するか使用しないかがCD・DVDのコピーとプレスの大きな違いの1つであり、プレスの場合はスタンパーを利用することでコピー時の書き込みのエラーを起こさず正確に大量のCD・DVDを作成することができるのです。

弊社では再プレスに備え、半年ほど工場にてスタンパーをマスターデータと一緒に保管しております。

 

レーベル印刷(盤面印刷)

CDやDVDのレーベル面(表面)にタイトルなどを印刷することです。

 

シルク印刷

インキ層が厚く、最初にインキを混合して色を作成してから印刷するのでムラになりにくく、ベタ塗りした際の発色が綺麗です。 シルク印刷は1色・2色、または2色+白ベースです。
シルク印刷について詳しくはこちらをご確認下さい。

 

オフセット印刷

フルカラーでレーベル印刷をする際に使用される印刷方法です。
細かい色を表現をすることができますが、広い面を均一の色で塗る場合はシルク印刷に比べてムラになることがあります。

CD及びDVDのプレスした盤は銀盤です。白のベース印刷無しで直接銀盤に印刷すると意図した色が出なかったり、沈んだ重い色になったりします(特に淡い色は)。白い紙の上に印刷された場合と同じ発色を希望される場合は白ベースを使用されることをお勧めします。

オフセット印刷について詳しくはこちらをご確認下さい。

 

レーベル印刷用フィルム

レーベルを印刷する場合、印刷用フィルムから印刷用の刷版を作成し、それを印刷機にかけて印刷します。一般に印刷用でいるフィルムはイラストレーター等のデザインソフトで作成したデータを元に印刷会社や出力ショップで出力します。
レーベル印刷用フィルムについて詳しくはこちらをご確認下さい。

 

ジャケット印刷

CD・DVDのパッケージにタイトルなどご希望のデザインを印刷し、パッケージングを致します。

ジャケット印刷・代行について詳しくはこちらをご確認下さい。

 

バルク

個別にパッケージングをするのではなく、100枚のCD・DVDをシュリンク包装したものを1梱包として納入する方法です。
バルク包装について詳しくはこちらをご確認下さい。

 

シュリンク包装

熱収縮ビニールをCDや化粧箱にかぶせて熱風をかけることでピッタリとビニールで梱包する方法です。新品のCDやDVDにかかっているフィルムの様なビニールがこのシュリンク包装の方式です。

 

プラスチックケース(Pケース)

一般的な音楽CD等に利用される、12センチディスク1枚を収納するプラスチックのケースです。
リッド(フタ部)、トレイ(ディスク固定部)及びボトム(サラ部)で構成する3ピースタイプ。
弊社のプラスチックケースのトレイの色は白・黒・透明からお選び頂けます。
プラスチックケースについて詳しくはこちらからご確認ください。

 

ポスタルウィンドウ

白色無地の紙封筒の表面の中央に100mmの円形の穴の空けて、裏から透明PPでカバーしたものです。ディスクを封入するとレーベル面が見えるようになっております。蓋付(糊付けタイプ)なので配布用に最適です。
不織布よりお安い価格で提供できます。
ポスタルウィンドウについて詳しくはこちらからご確認ください。

 

不織布袋

通常の布は繊維を織って作られていますが、繊維を織らずに絡み合わせることで布状にしたものを不織布といい、ディスクを傷やホコリから守るのに適しています。片面にこの不織布、もう片面がビニールで出来た袋状の包装です。本の付録についてくるCD-Rなどはこの不織布の包装を使用しています。
弊社では糊付けなし(Aタイプ)・一部糊付け(Bタイプ)・全面糊付け(Cタイプ)の3種類の不織布袋の包装を行っております。
不織布袋について詳しくはこちらからご確認ください。

 

トールケース

プラスチックケースより大きいケースにCD・DVDをお入れする包装です。
市販のDVDで利用されることが多く、12cmのCD・DVDディスクを1枚収納することができる一体型ケースです。
弊社では黒・白・透明の3色からお選びいただいております。
トールケースについて詳しくはこちらからご確認ください。

 

90円郵送パック

CDを封入して折りたたむことで、90円で郵送することが可能な定型サイズの包装です。折りたたむと120mm×160mmのサイズになります。CD・返信用ハガキ・A4の4つ折説明書を入れて定形郵便で郵送することが出来ます。
90円郵送パックについて詳しくはこちらからご確認ください。

▲CD・DVD制作用語集TOPへ


COPYRIGHT 1996-2012 アイテック株式会社 メディア事業部 レプリケーション.jp

TEL.072-868-9115 / FAX.072-868-5503